名刺サイズの種類や違いについて

Posted by | Filed under ビジネス情報 | 1月 24, 2020 | No Comments

名刺に違いがあるのをご存知でしょうか?日本の名刺サイズは他国に比べると若干大きいサイズです。今こそ他人と差をつけるチャンスです。名刺にはどのような種類があるのかサイズはどうなのか、目を通してみてください。

名刺サイズの種類や違いについて、紹介していきます。日本と欧米で比べてみると、日本では尺

、海外ではポンドを使用しているため、欧米の名刺はやや小ぶりサイズとなっています。日本の一般的な名刺の寸法は東京4号と呼ばれ、関西では大阪9号と呼ばれるため注意が必要です。サイズ以外にも名刺自体の種類が異なる場合もあります。名刺という名の通り、氏名や連絡先が記載されたものは名刺と呼ばれます。一方お店の名前やロゴやウェブサイトが記載されているものはショップカードと呼ばれます。昨今ではコスト削減や他人と差をつけるために、名刺サイズを小型にする動きが見られるようになってきました。元々はスマートで持ちやすいサイズから女性に人気だった欧米サイズが、デザインやクリエイターなどにも広まってきたのです。厳しい競争を勝ち抜くためにも、今一度自身の名刺を工夫する考えを持ってみてください。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】


 

Leave a Reply

Name (required)